千葉県在宅看取り数、第2位

2019年10月25日

先日の週刊朝日10/18号で、またまた上田医院は千葉県在宅看取り数、第2位として発表されました。

上田医院往診チームの在宅看取り上位の一番の理由は、

「夜中や休日の急変も、担当医が対応する」

という、他にはない体制だと思います。一般的には夜中はアルバイト医や当番制で、急変したら救急車で病院へという対応が多い中、

「上田医院では、担当医が24時間365日愛情と責任と主治医としてのプライドを持って患者を最期まで診る!」

ので最期まで自宅で安心して過ごせますし、この信念がこの千葉県第2位の数字に表れていると思います。

上田医院にはケアマネ、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などのさまざまな職種のスタッフがおり、またデイケア、デイサービス(宿泊可能)、老人ホームなどの施設も備え、幅広く体調に合わせて対応でき安心して長く自宅(地元)にいられるようチームで対応しています。

これからも一人一人を丁寧に大切に親身に診ていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07XV7YN79/opendoors-22/ref=nosim

在宅医療のリアル 改訂版 発売中

2019年09月06日

「在宅医療のリアル 改訂版」が2019年6月30日読売新聞の千葉地域版にて掲載されたいたことがわかりました。

改訂版ではさらに院長の気持ちがいっぱい詰まった作品になっております。

ぜひ一度読んでみてください。

 

上田医院受付、我が家受付、各書店またはアマゾンから購入できます

我が家 夏祭り

2019年09月02日

 

 

 

 

 

暑さも冷めやらぬ9/1に夏祭りを開催しました。

今回の目玉は、『流しそうめん!!』みなさん一生懸命、必死に流れてくるそうめんを取って食べていました。うまく取れない方には、他の入居者様が取ってあげたりと、入居者様それぞれが、役割を持って、笑顔で参加していた様子も印象的でした。

また、ご家族様も積極的にお手伝いや、参加をしていただき、デイサービスすみれの利用者様やスタッフも参加していただき、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

フィナーレは花火大会!みなさん、童心にかえったようにワイワイとはしゃぎながら花火を楽しみました。

いつも日常起こったことをすぐに忘れてしまうAさん。お祭りの次の日に、「流しそうめんをして花火をして、少し夜更かしをして、昨日は本当に楽しかったわ~」と。その話から、周りの入居者様たちとお話の花を咲かせていました。

 

普段と違った行事も、日々の日常も、我が家の入居者様の人生の1ページに“楽しかった”と刻められるような施設でありたいと思っています。

市川市中国分にあります、有料老人ホーム『我が家 中国分』は随時見学対応しております。気軽にお声掛けくださいませ。一緒に楽しく穏やかな空間を作っていきたいと思っています。

 


 

 

 

我が家の奇跡

2019年03月28日

我が家の住人は問題行動があっても薬で鎮静せず、スタッフの愛情ある声かけだけでなんとかしています。

しかし中にはいつまでも目立つ問題行動のある人もいて、そのMさんは、物を盗む、住人皆のドアをバタンといきなり開ける、便を部屋になすりつけるなどとスタッフや住人をさんざん泣かせていました。

しかし時がたちMさんも最期の時が近づいてきました。弱ってきて盗むことも人のドアを開けることも出来なくなりました。それでもMさんはみんなのいるリビングのいつもの席に行きたがり、その願いを叶えようとベッドをそのいつもの場所へ持っていきました。

あんなに皆を困らせていたのに弱ったMさんを住人はみんな心配しました。

そして旅だったMさんのお別れ会でみんな「寂しくなるね」と口々に言いました。

最期まで存在感のとても強かったMさん。一生懸命生きてたMさん。いつまでもいつまでも最期「我が家」で一緒に過ごした家族の一員としてみんなの記憶の中に。

 

我が家ご一同様へ ご家族からの手紙

2018年09月13日

この度は、上田先生をはじめスタッフの皆様には大変お世話になりました。叔父金蔵とも厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。とくに亡くなる準備が始まってから、皆様方の優しさには正直驚きました。
声が出なくなってきた叔父に対して、まるで家族のように「金ちゃん、金ちゃん」と何度も呼びかけてもらいました。叔父はちゃんと分かっていて嬉しそうでした。
「こんなにも愛されていたの?幸せだったね、ここに来て良かったね」心より思いました。
こんなふうに日常を過ごせていたら何の心配も要らなかったのですね。
まさに我が家の一員になっていたのですね。

そして最後のお別れ会、感動致しました。どの葬儀にも負けない、愛情に満ちた素晴らしいお別れの会でした。
皆様方の叔父とのエピソード、ご入居の皆様方には一生懸命に送っていただき、感動です。
みんな良い人たちですね。良い人たちに囲まれて叔父は幸せでした。
「我が家」に出会えて叔父ともども幸せでした。

これからも皆様、お身体に気を付けて素敵なお仕事を頑張ってくださいませ。
陰ながら応援させていただきます。

4年間、本当にありがとうございました。感謝、感謝、です!

 

ご家族様からお手紙をいただきました。ありがとうございました。

ここ市川市にある住宅型有料老人ホーム「我が家」は、入居者様とスタッフが1つの大きな家族になれたらいいなと思っています。ここに自分の居場所があり、ここで自分らしくしたいことをして安心して最期まで暮らせるそんな「我が家」になりたいです。

『歴史講演会』~我が家 中国分Ver.

2017年09月04日

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家 中国分に入居されている渡辺様。御歳94歳。歯科医であり、多彩な趣味をお持ちの博学な方です。独学で学ばれてきた『歴史』を教えて頂ける機会を設けて頂きました。今回のテーマは、『歴史のオモテとウラ』というテーマで、諸説ある中から、渡辺先生の考察をご教授していただきました。みなさん興味深そうに聞いていました。入居者様から「~したい」「~してみようかな」と声が上がり、実現できる環境は『我が家 中国分』特有のことではないでしょうか。入居者様同士の繋がりを大切にしながら、その方らしく生活していただく“場”となれるよう、これからも試行錯誤しながら精進して行こうと思います。

千葉県市川市にあります、有料老人ホーム「我が家 中国分」は人と人との繋がりの温かみあふれる施設を目指しています。

 

 

 

居酒屋 我が家

2017年05月01日

『我が家 中国分』では、不定期で“居酒屋”が開催されます。普段の食事の雰囲気とはまた違い、ワイワイと色々な話に花が咲きます。たまには少し羽目を外して楽しむということも大切だと思っています。今までの習慣や経験は一人一人違います。そこを大切にしながら、自分のお家にいるときの様な環境や状況を提供できたらと思います。また、生活を一緒に共有して、これから先の人生が“あっぱれ”となるようにお手伝いしていきたいと思っています。

市川市中国分にある、『有料老人ホーム 我が家 中国分』は、自分らしく、みんなで協力しながら生活できる場です。

 

我が家お花見会

2017年04月02日

4月の初めに、我が家の庭に咲きはじめた桜をみながら『お花見会』を開催しました。

今回のメインは、何と言っても『スイーツビュッフェ』です。

桜にも劣らない彩のあるスイーツに、スタッフの方が大興奮でした。また、ご家族様が手作りで作って持参して頂いたスイーツも加わり、大盛況のお花見会でした。

その後の家族会でも様々な意見が飛び交い、有意義な会となりました。

ここ市川市にある『有料老人ホーム 我が家 中国分』は、四季折々の情景を皆様と共に感じ、共に過ごすことのできるホームです。これからも皆様と共に歩んで行く『家』で有りたいと思っています。