認知症患者さんに対して、してはいけないこと

2021年04月09日

その1;「ダメ」と言ってはいけない。

答え;例えば今まで自由に歩いていたのに、危ないから歩いては「ダメ」と言われ強制的に座らせられる。自分がしたいと思うことを理由も解らず全否定されている気分になります。

 

その2;できない、できなかった事を強調する。「なんでそんなこともできないの」とか「さっきいったでしょ」など。

答え;自分としては(認知症の人、本人)なんにも悪いことしていないのに一方的に怒られている感じになる。そして萎縮するか、怒りとして現れます。

 

その3;時間割を押しつける。

答え;高齢者にも当てはまりますが、認知症、高齢の方には生活リズムを維持するため、自分なりのペースがあります。それは非常にゆっくりです。そのペースを乱されると混乱し、頭の中が真っ白になります。出来ることも出来なくなります。

 

その4;語りかけずほっておく。

答え;一人暮らしの方はいたし方ないと思いますが、皆がいる中で、語りかけをしないと疎外感が増し認知症症状が進行します。大変だとは思いますがなるべく語りかけ、そして話す内容は過去の思いで話が最高だと思います。

 

院長のひとり言

こぼれ落ちていく記憶、自分が何をしていたのかも解らなくなっていく恐怖、これが認知症の方の基礎にある不安感です。自宅に居れば、自分の生きてきた軌跡がいっぱいあるのでよいのですが、施設や、新しい環境になってしまうとそれもなくなり、不安が増します。「わたし、どうすればよいの」と表現されることが多くなります。「大丈夫、このままでよいよ」と暖かい眼差しで繰り返し伝えなくてはいけません。出来なくなったことを指摘して心の傷を広げないでほしいですね。

 

超過死亡者数 とは

2021年03月01日

質問;まず 超過死亡者数 とはなんですか?

答え;例年ある時期の本来想定されている死亡者数より、増えた数を言います。例えば冬場にはいつもより多くの死者数が出てしまいますが、増えた数を超過の数と言います。

 

質問;昨年度の結果を教えてください

答え;昨年度は11年ぶりに減少したとのことです。数にして約1万人ぐらいでした。昨年度日本人は例年より死ななかった!

 

質問;具体的には?

答えインフルエンザ感染症の激減、肺炎の激減、心臓、脳卒中の減少でした。

 

質問;その理由は何ですか?コロナが流行ったのに何故ですか?

 

答え;新聞には手洗い、うがい、マスクの着用が貢献した可能性があると新聞は指摘していました。

ちなみに アメリカは50万人、イギリスは10万人、ロシア30万人、メキシコ30万人、ブラジル18万人、フランス、イタリア、スペインもそれぞれ10万人弱の超過死亡者は増加していました。ロックダウンしなかったスウエーデンは数千人の増加にとどまりました。

何故日本では超過死亡が減少したのか?自粛が功を奏した?しかしロックダウンした国々の結果は散々たるものでした。人種差?イギリスからの報告では白人に比べ他の人種の方がより罹り易かったという結果でした。興味深いのは貧困になればなるほど感染の確率が上がったと。栄養状態、衛生状態がかなり寄与しているのではないかと思っています。日本人でよかった。

 

風邪(ウイルス感染)の基本

2021年02月09日

質問;そもそも「ウイルス」とはなんですか?

答え;非常に小さい病原体で、人間の体に入って増殖します。体の中でしか増える事はできません。

 

質問;体の中で増えるとどうなりますか?

答え;増殖したウイルスを排除しようと体の中の免疫物質が増えます。その結果として、だるさ、熱、などが出ます。そして大体は人間が勝つのでウイスルは死滅します。この治ろうとする反応が鼻水、咳、嘔吐、下痢、発疹、だるさ、熱となって現れます。

 

質問;予防や薬はありますか?

答え;マスク、手洗い、うがい、他人との距離を取る、などと言われていますが、完璧な予防策はありません。一番大切なのは人間の治る力です。薬やワクチンにすがる傾向がありますが、なんといっても自分の免疫=治る力が一番重要です。免疫力がない人にいくら薬を投与しても治りません。

 

ウイルス(風邪など)の症状は辛いですが、これは人間の治ろうとするために起こる反応です。辛いけれど治るまで安静に時が過ぎるのを待つしかありません。これが基本です。コロナも同様です。

 

院長のひとり言

コロナ対応を一生懸命に行っている病院でもクラスター発生、そして外来中止の流れの報道を見るたびに思います。これが民間病院なら経営困難になり倒産します。民間病院がコロナを受けたくない理由がここにあります。これを解決するにはどうするか、PCR検査で無症状の濃厚接触者探しを止め、有症状の職員のみ症状が回復するまで休む、という従来通りのやり方に戻すしか方法はありません。

 

 

一般的に老人ホームってどんな所?

2021年01月04日

まず:規則が多い。朝昼晩の食事時間、風呂の時間、曜日が決まっている。遊びの時間まで。それ以外は部屋に押し込められる。

結果1; 自分のリズムではなく、施設のリズムに合わせなくてはいけない。身体が衰えるとリズムについていけなくなる。リズムについていけなくなると・・施設のスタッフが見事に手早く処理(車いす、移乗など)してくれる。

結果2;自分で何かしようとしても、「危ないから」とか「時間がかかる」とか「認知症だから」とか言われ取り上げられる。結果、他力本願となる。自分からの能動的意欲が削がれる。

結果3;意欲が低下すると・・生きようとする本能が削がれ・・目がうつろになる。そして植物状態人間の完成(食べる以外は寝ている)

結果4;一見静かなホームになる。隣の人に興味がなくなるので会話もない。

それと;自分の意思では外に出られない。オートロックが掛かっており番号は知らされない。これを監禁状態という。

類似施設;刑務所(行ったことはないので想像です)昔ふうで言えば島流しですかね。まだ島流しの方がましですね。そこでの自分の意思は貫けたので(これも想像です)

 

なかなか経験しないと想像できない世界、それは老人ホームの世界。一番の類似施設は刑務所です。いくら入居金が高くても、いや高ければよりその傾向が強くなるかもしれません。そこは徹底的な管理の世界、本人の意思が尊重されない世界。私はこれが嫌でそれなら自分で作ってみようと思い作った施設が「我が家」です。最期まで人間らしく過ごしたいものです。

 

コロナ脳に洗脳されたらどうなる?

2020年12月02日

~コロナ脳とはコロナに罹ることを極度に恐れている人の脳~

 

その1:持病がある場合は特に、コロナに感染すると、すぐに死んでしまう・・・と思っている。

解説;去年年末から本年にかけてコロナが流行ったおかげで日本人全体の死亡者数は例年より少なかった現実、毎年流行るインフルエンザの方が高齢者にとっては危険だったのです。

 

その2;少しでも身体に異変があるとPCR検査を受けなければ心配、だからしてほしい・・と思っている。

解説;当院にも「PCR検査をすぐしてくれ」の問い合わせがあります。医師が判断し必要であれば紹介するのが決まりです。患者さんからの要望では自費診療になります。当院ではPCR検査はできません。

その3;見事PCR検査陽性なら、すぐに入院して、治療薬を使えば治ると・・思っている。「石田純一もそれで治ったじゃない」と信じきっている。

解説;有名人や社会的地位の高い人は「みんな治療薬を使って治っている、だから自分にも使ってほしい」って本当に信じている。いまだに治療薬はないのが現実で、入院しても対処療法しかありませんし治った人は皆、自然治癒です・・。

 

三蜜回避、マスク、手の消毒の徹底が図られ、ほぼ忠実に実行されてきましたが、この冬になり感染の再拡大、そして更なる徹底をしろ、と言われています。しかしちょっと待ってくだい。これだけやって自粛して、過去最多を更新のニュースを見ると、結局冬場には風邪は流行るという昔からの常識が正しかった、いくら予防しても、流行る物は流行るってことではないのか、と思う今日この頃です。

 

 

よく耳にする「本末転倒」な話

2020年11月02日

その1:頭が痛いので血圧測ったら高かった。頭が痛いのは血圧が高いせいだ。

解説;血圧上昇⇒頭痛 ではなく 頭痛⇒血圧上昇 痛みがでると交感神経が興奮し血圧が上昇する。

 

夫婦喧嘩の後、血圧測ったら、高かった。喧嘩の原因は血圧が高いせいだ・・明らかに可笑しいって解りますね。

 

その2;コロナは薬がないから心配、インフルは薬があるから安心

解説;コロナもインフルも基本的には自分の免疫で自然治癒します。インフルは薬がない時代から存在し、自然に治っていましたね。

その3;高齢者は、コロナなどの感染が心配なので外出は自粛すべきだ。孫にも会わない方が良い。

 

解説;今までさんざん高齢者の生きがいについて語られてきましたが、結局今、高齢者は誰とも会わず、テレビ画面だけ見て、家でじっとして何もするな、と言うことですね。結果、意欲の低下、生きる力が減少し、かえって寿命が縮む事態になっています。新しい生活様式とはこのような生活様式です。私は反対です。

 

いわゆる「新しい生活様式」とは、人との接触を極力回避し、会話等はコンピューターを介して行う、と言うことです。顔の表情すら隠されてわかりません。人々はバラバラになり、孤独になります。若いうちはそれで頑張れるかもしれませんが、年を取り、人の世話になることが多くなってきた時、はたして人恋しくなるのか、ならないのか、今の若者が年取った時に明らかになるでしょう

「呆け」の疑似体験から解ること

2020年10月03日

体験1:学生時代、昼ごはん後の授業でついつい転寝し、ふと我に返りつつある時、「あれ、今、自分は、どこで、何をしていたのか、さっぱり解らなくなった」瞬間があった。そして不安になった。

 

体験2;ある旅先でちょっと意識が此処にあらずの瞬間(アイスを食べながらボーとしていた)、目の前に長男が出現、ちょっとの間 「あれ、あなた誰だっけ??」と思った瞬間を経験しショックを受けた。

体験3;「ぼー」と車を運転していたら、自分が今、何をしに、どこに行こうとしているのか、さっぱり解らなくなった瞬間があった。そして不安になった。

 

解説;いわゆる「認知症」の基本的な状態として、意識が今現在に集中していない、つまり心ここにあらず、の状態になっていることが基礎にあります。自分の居る世界が、世間と離れている時(認知症の方の全てがこの状態)には現実世界に戻るのにかなりの時間を要するのです(場合によっては戻れない)。そして現実世界に連れ戻そうとすると不安になります。ですから認知症の人に声を掛けるときには ゆっくり 時間をかけて 顔をみながら 話しかけてください。 安心感を醸し出してください。

 

いわゆる「認知症」の根本は、現実への注意障害、つまり心ここにあらずの状態があります。だからボーとしていたり、夢見ながら過ごしていたり(妄想と言われる)、そんな自分が嫌で何とか取り繕うとしたりするのです。この現実世界から離れていく状態とは、つまりこの世とのお別れの前段階に来ていると考えられないでしょうか?これが呆ける意味なのではないでしょうか?

 

 

「死」 の恐怖を目の前にして

2020年09月01日

現象1:今までのテレビ、雑誌 等で語られてきた世界、それは人生100年時代の到来・・・つまりほとんどの人からは 「死」 は遠い世界にあった。

 

現象2;ところが2020年初頭、世界は一変した。あんな元気な 志村けんさん などが「死」んでしまう疫病・・。今まで元気だった人が突然 「死」んでしまう世界? いままで考えもしなかった 「死」の恐怖が国民のすべてに重くのしかかった。

現象3;「死」の恐怖から「不要不急」は自粛しようよってなった・・・スポーツ、楽しい外食、コンサート、など、人との接触はすべて「危ない」こととして「避けるべき」ことにされた。人生の楽しみは消失した。命が大切であるとの理由から。

現象4;結果。人間は「死」の恐怖から逃れるために「人」とのふれあいを拒絶した。ソーシャルディスタンス・・マスク・・密を避ける・・ことは「人」を拒絶することです。

 

あなたは この結果訪れる 孤独 に 耐えられますか?

 

 

「コロナ」のおかげで人間は「死」の恐怖という現実を目のあたりにした。そして選んだことは、人とのふれあい、ではなく、延命のための、永遠の孤独であった。人を見たら「病原菌」と思え、と言わんばかりな振る舞い、人との接触を避け、ひたすら目の前に迫る「死」の恐怖と孤独と戦うのだ。そしていざその時が来たら・・あなたは今まで拒絶してきた「人」にすがることになるのです。それとも機械にすがる?

 

 

 

コロナ禍で見えて来た未来

2020年08月08日

現象1:顔が半分以上マスクで隠れているため道端ですれ違っても誰だか解らない。つまり挨拶もしなくなる・・。よって人間関係が疎になる。

 

現象2;直接会話では飛沫が飛ぶので、会話はスマートフォンを経由してするようになる。高齢者でスマホが使えない人は会話ができないことになるので更に孤独ななり、呆けもすすむ。井戸端会議は禁止。

現象3;熱がでても誰も看病してくれなくなる。うつした、うつされたと、白黒明白にさせられるので。若者ならいざ知らず、高齢で要介護者の発熱は・・・人間関係が疎になればなるほど・・ほっておかれる・・たらい回しのはてに入院しかない。入院中はビニールシートに囲まれる。

 

現象4;精神病患者の激増。「人間」とは人と人の間におそらく関係性、つきつめると「気」というものが存在していて、それによって人間と言うものが存在しえている。これが絶たれることによって人の精神が崩壊する

 

「ひとのぬくもり」なんて言葉が死語に近づいています。素手で人に触るなんて「感染のリスクを上げるだけだ」と言われる。会話も機械を介しての間接的な関係になるので「場の雰囲気」とか「空気感がよい」などの人間関係から生まれる、暖かい「気」が消滅する。人間は「気」がないと居られない生き物であるのに・・・。せめて自分のところには残しておきたい。

 

コロナ騒動とはなんだった?

2020年07月07日

最初の頃:病院にコロナの患者さんが殺到し、集中治療室や病室がコロナでいっぱいになるぞと・・つまり医療崩壊になるぞ(自分が罹っても診てもらえないぞ)・・・と脅されました。

だからみんな医療を救うために自粛しよう!って

 

とろろが;コロナが出たところは・・・外来閉鎖、入院制限。少しでも外来診療続けたら・・強烈なバッシング!

つまり:その病院は経営困難になり大赤字に転落した。

 

その結果;「熱が出たので診て欲しい」と言う依頼はことごとく医療機関から拒否された。だってコロナが来たら風評被害がでる(コロナが出たって・・と言われ敬遠された)

 

質問;コロナが出た病院の医療従事者です。子供を保育所に入れようとしたら・・・来ないでと拒否されました。世間では「ありがとう」なんて言っているのに・・。

答え;本音と建て前ってやつですね。現実はこれです。コロナが出たスポーツクラブは敬遠され、コロナが出た病院はつぶれる。ところでコロナって身近に居ました?皆非常に怖がりますが現実に見た人は非常に少ない。テレビが作った恐怖番組とさえ感じます。(あくまでもインフルエンザとの比較です)

 

私の周りでは今現時点で、コロナ関連で亡くなった方はいません。罹った方もいません。これから本当に津波のように襲ってくるのでしょうか?これから夏になり、秋冬と月日が経ち、じわじわ感染者が出続けて、そして爆発的に増えずに済んでしまう事を期待します。風邪は万病の元ですから、多少は不幸が出るかもしれませんが、バタバタと町中に溢れることはないでしょう。