人間はウイルスの前では無力である

2018年09月13日

質問;そもそも「ウイルス」とはなんですか?

答え;非常に小さい病原体で、人間の体に入って増殖します。体の中でしか増える事はできません。

 

質問;体の中で増えるとどうなりますか?

答え;増殖したウイルスを排除しようと体の中の免疫物質が増えます。その結果として、だるさ、熱、などが出ます。そして大体は人間が勝つのでウイスルは死滅します。この治ろうとする反応が鼻水、咳、嘔吐、下痢、発疹、だるさ、熱となって現れます。

 

質問;予防や薬はありますか?

答え;ウイルスによっては予防接種が有効(効果は非常に限定的)なものもあります。しかし大多数のウイルスに対してはありません。あるウイスルに関しての薬はありますが、その効果は極めて限定的です。無効だとする意見もあります。基本的には人間の治る力がないと治りません。

 

ウイルス(風邪など)の症状は辛いですが、これは人間の治ろうとするために起こる反応です。辛いけれど治るまで安静に時が過ぎるのを待つしかありません。

 

医学が進歩したと威張っても、麻疹、風疹など予防接種をしたところで毎年流行が散発する羽目となり町の大ニュースになった。インフルエンザにしてもいくら予防接種しても、薬のんでも流行は防げない。今年の夏はRSウイルスに翻弄された。しかし辛い症状があっても大多数の人は自然に治癒する。流れに任せ、治った時に健康の有難みを知る。ウイルスは人間の傲慢さに冷や水を浴びせる存在だ。

 

 

熱中症について、

2018年08月13日

質問;そもそも「熱中症」とは

答え;厚生労働省のホームページから

高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分 のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します・・・場合によっては死亡することもあります。

熱中症の症状  ○めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い   ○頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う  重症になると、  ○返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い

 

質問;私(院長)毎日車に乗ると車内が暑くて頭がボーとしますがこれは熱中症ですか?

答え;上の定義からは熱中症の疑いという事になりますかね・(笑)。

 

質問;昔は日射病と熱射病に別れていましたよね?

答え;その通り。以前は上記のほとんどが日射病と言われ頭から水をかぶって扇風機にあたっていればよかった時代でした。高熱になり、意識が無くなって初めて熱射病疑いで救急適応となりました。

重病になる前に早期に発見し死亡を未然に防ごうという試みかと考えられます。しかし毎日の報道に少しウンザリしませんか?

恐怖で煽られすぎていませんか?

 

猛暑のおかげで毎日「熱中症」フィーバーが続いています。テレビ、ラジオ、巷の井戸端会議でも「水飲め」「気を付けろ」の大合唱です。我々はいつから「本能」を忘れてしまったのか?と思うくらいの節介ぶりです。暑くて無理すると頭ぐらい痛くなった経験ありますよね?熱中症だ、即、死んじゃう、と頭を熱くしないで、縁側に腰かけ団扇や扇風機で頭冷やして、麦茶のんで、風鈴の音色聞いていれば自然と良くなっていきますよ。それとも病院で診断しないと解らなくなってしまった?

 

 

在宅医療について

2018年07月13日

質問;病院の医慮の方向性とは何ですか?

答え;病院医療の方向性は 救命、延命、病気の治癒を目指す医療です。限りなく「長い生命の維持を追求」します。例えば癌が見つかったら、癌と闘い治すことを目標にさまざまな治療をします。検査、入院、手術など苦痛を強いて生活の質を落としても生命予後の延長を目指します。皆さまが一般的に思っている医療とはこのことです。しかし「生活の質」は犠牲になります。

 

質問;では在宅医療の方向性とはなんですか??

答え;あくまで「生活の質」を保つことを前提に置き、医療はこの「生活の質」を落とさずに関与することを目標にします。特に高齢者や癌の末期の方などには有効な考え方です。

 

質問;具体的にはどういう事ですか?

答え;高齢者や癌の治療中の方などは、生活のすべてを犠牲にして闘病に費やしている傾向があります。(通院、検査、治療、入院など)病気を克服し日常生活が元通りになることを夢見て。しかし、かなりの割合で闘病のはてに最期を迎えることになります。であるなら、ある程度病気を受け入れながら生活していくことを目指しませんかという考え方です。癌においても。治癒を目指さず生活に支障がなければ共存していく考え方です。

 

質問;今、どちらか決めなければいけないのですか?

答え;いや、常に両方の考え方を念頭に置き、時が来たら、「えいやっ」と、どちらかに決めてください・・・。

 

癌の末期と言われ有効な治療もないと宣告された方が、治験(保険では認められていないが有効性が期待され、これから人間に実際に使用して有効性を確認する試験)に参加するケースがあります。患者さんはあくまで治癒を期待していますが、医療者側は生命の若干の延長を期待しているだけです。その若干の延長された生命の時間がどのような時間なのかが私の心配事です。

 

自然な最期を阻むもの

2018年06月13日

家族の要望;99歳の母です。延命は望みません。自宅でできれば自然な形で最期を迎えさせたいです。

医師;大丈夫ですよ。自宅でお母さんになにか変化があれば連絡をください。

 

質問;デイサービスやデイケアなどの介護施設のサービス中に何か急に体調の変化か起きた場合はどうですか?

医師;変化があればすぐにこちらに連絡をください。救命処置なども含めて必要性はこちらで判断します。

 

介護施設の答え;とんでもない。介護支援事業者として救命を行う必要がある事から、主治医の指示であっても従う事は難しく、(主治医ではなく介護施設のヘルパーなどの判断で)救急搬送を(強制的に)行います。

 

その後;デイサービスやデイケア中になにか異変がおこると救急搬送される場合が多く、超高齢者の場合にはそのまま入院して死亡してしまう事が多い、また搬送中に死亡してしまうと事件となり検死に回され調書を取られるなど、穏やかな最期とはかけはなれてしまします。

 

結論;自然な形で最期を迎えたい方たちへ。介護施設と何かあった時の事をよく話し合うことが大切です。当介護施設では責任もって最期まで診ていくことが出来ます。

 

介護施設は人が元気な時しか預かってもらえない所が多い。何かあったら追い出す(家または救急車)。調子が悪いと来るのを拒否、ではあまりに都合がよく無責任だと思います。調子の悪いその時こそが重要で信頼できる対応をしてくれるのか?というのが施設選びには重要だと考えます。調子が悪くなったら「看られません」と目をつむり、息が止まっていたら「救急車・・」と絶叫して逃げ出す現実の介護事業所。調子が悪い時、最期の時のお世話こそに頼れる施設が良い施設だと思いますがいかが。

 

 

医療の方向性について

2018年05月13日

質問;医慮の方向性とは何ですか???

答え;一つの方向性は 救命、延命を目指す医療です。限りなく「生を追求」します。癌が見つかったら、癌と闘い勝つことを目標にさまざまな治療をします。検査、入院、手術など苦痛を伴う治療も含めて積極的に病気と闘います。いわゆる闘病生活が始まります。皆さまが一般的に思っている医療とはこのことです。医療中心の生活となるので「生活の質」は落ちます。死は敗北となります。

 

質問;ではもう一方の医療の方向性とはなんですか??

答え「生活の質」を重点に置く視点です。日常生活に支障がなければ医療的な介入は最小限にとどめます。病とは闘うことをせず、上手に共存することにしようと考えることになります。残っている時間(最期の時間)は自分のやりたいことに使い過ごしていただきます。結果、死を到達点と受け止めることになります。

 

質問;健康で長生きしたいのですが?

答え;延命を追求しすぎて医療的な介入を過度にしすぎると返って健康で長生きできなくなることが心配なのです。

質問;今、どちらか決めなければいけないのですか?

答え;いや、常に両方の考え方を念頭に置き、時が来たら、「えいやっ」と、どちらかに決めてください・・・。

 

病気や健康を気にし過ぎるあまりかえって健康を損なうことが多いと感じています。健康番組やサプリメントの宣伝は皆さまの病気への不安感を煽ります。100年長寿称賛はそれより短命な方たちへ屈辱感を味あわせます。健康診断は現在の健康の確認にこそなれ将来の健康の保証はしてくれません。「気にしない」ことって案外大切なことだと思います。

 

 

間違った健康常識

2018年01月19日

間違い;インフルエンザ感染は抗インフルエンザ薬を使用しないと治らない・・・。

正解;インフルエンザは風邪のひとつで基本的には自然治癒します。抗インフルエンザ薬がなかった時代でもインフルエンザは毎年はやり、そして自然に収束していきました・・ご安心を。

 

間違い;血圧が130を超えるとすぐに脳卒中になるほど危険である

正解;常に血圧が高い人は脳卒中になる確率が年間で少し高くなりますが、瞬間的に血圧が高くても低い時があれば大丈夫です。

 

間違い;健康診断を受けていれば長生きする。

正解;健康診断は受けた時点での健康状態は解りますが未来の予測にはなりません・・。寿命が延びたというデータはありません。

 

間違い;認知症になるとみな徘徊しだし、何にもわからなくなる。

正解;いわゆる認知症(この言葉が嫌いです)の中には徘徊する人がいるというだけです。また全員が何にもわからなくなるのではなくこれも一部の人たちだけです。認知症を過度に心配しすぎて精神病にならないでくださいね・・。

 

間違い?;癌は早期発見早期治療で治る。

正解;専門家のあいだでも議論が分かれています。私は「大丈夫取りきれました・・」と言われたが再発した終末期の方を多くみています。

最近の健康番組を含めた健康に関する情報は、人を安心させるというより病気の恐怖におとしいれます。その結果可能性の低い事を心配し、たいしたことないのに通院し、必要のない薬を飲んでいる方がとても多いです。医療側は儲かりますが、実は過度な投薬は非常に危険で私はとても心配です。薬はどうしても必要な時に最低限の量で飲むことを強くお勧めします。

 

医者の発言と本音

2017年08月07日

発言;とりあえずこの薬をだしておきますから・・飲んでみたら。

答え;現時点でどうしても必要とは思われないが、患者さんが薬を望んでいることが多いので、とりあえず 出しときますか・・・・・・という意味。必要は必ずしもないと思っている。

とりあえず検査をしましょう・・という場合も、この時期で診断がついていないので、何か検査で引っかかったらよいなと思っている。

 

発言;なんでこんなになるまでほっておいた・・・

答え;もし前に診てもらっていた医師がいる場合には「あてつけ」。いない場合には、あまりに症状がひどいので「手に負えない」と思っている、何しろ治せないかもしれないので誰かのせいにしたいと思っているときの発言。

 

発言;この薬のんでいないと死んじゃうよ

答え;脅して自分のところにつなぎとめておきたいときの発言。ちなみに「ではどの位の確率ですか?」と聞くと返事ができない。論文を見せて話してくれたらすばらしい。

 

発言;年のせいでしょ

答え;なかなか治らないので上手に病気と付き合っていってもらいた    いと思っている。以前はこの発言に世間は批判的であったが最近は容認されてきている気がする。

 

発言:寿命はあと3年です。

答え:特に根拠はない。1、2年だと短いし4年だと縁起が悪いし5年だと微妙に長い気がする。3という数字が心地よい・・その程度の根拠。

 

80歳代後半の女性。現在施設に入所中。車いす生活。食事以外の生活にほぼ介助が必要な患者さん。いわゆる認知症があるがニコニコ生活されている。某病院の先生が、骨を丈夫にする注射を半年に1回「絶対にしないとだめだ」と言うのでしている。私は「いつまでやるのですか?」と電話したら物凄い上の方から「絶対必要だ」と一蹴された。寝たきりになってもやるのかどうかまた聞いてみようと思う。

 

終末期の過ごし方

2017年07月07日

質問;まだ諦めたくないので緩和ケアは早いと思います。

答え;緩和ケアとは「痛みなどを緩和する(やわらげる)等、日常生活を快適に過ごすための治療」を言います。しかし治療の見込みのない人が受ける医療ではなくまさに治療中からも必要な医療です。

 

質問;食事量が減ったので心配です。なんとか食べさせる方法は?

答え;体が終末期に入ると「食べない」のは「食べたくても食べることが出来ない」のではなく「体が少ない食事量しか欲しない、または食べる事を欲しない体になった」と理解すべきです。そして自分の体の肉を消費していきます(異化作用)。ご家族的には食べてほしいと願う気持ちは理解できます。しかし「食え、食え」の声掛けは本人を苦しめます。

 

質問;点滴していただけますか?脱水になるのでは?

答え;この時期の点滴には罪の方が大きいです。点滴の栄養は身体が受け付けないばかりか癌に取られます。水分は浮腫みとなって身体全身にたまっていき、体を苦しめます。

質問;痩せていくのが見ていて辛いです。

答え;世間的には負のイメージですが、人間は自然な状態で過ごせば最後は必ず脱水(枯れていく)になります。脱水になると眠くなり、苦痛も軽減させます。より自然に逝くことができます。

 

ほぼ毎日と言っていいほどに新聞の広告欄には「○○で癌は治る・・・」という本が載っています。なんとかして治りたい、治したい、いろんな事を試すのはいいと思います。ただ余りにもいろんな事にしがみつくと大切な事を見失う気がします。「大切な事?」って意外と平凡な日常生活であったり身近な人や物とのふれあいだったりするのです。

 

 

よい「介護」とは「自立」とは?

2017年06月07日

「自立」とは自分以外の助けなしで、または支配を受けずに自分の力で物事をやっていくこと・・・。では「介護」とは何か?

 

質問;うちの爺さんは自分でトイレに行かないのでこちらでタイミングを見計らって連れて行っています。オムツにしたくないので24時間見守っているので夜も眠れません。

答え他力で立たせてトイレに連れて行く・・ことが「自立」なのか考えてほしいところです。常に見守って、気にかけてオムツにしないという事が「自立」につながらない気がします。

 

質問;自力で歩くのは転倒の危険があるため、両手で手引きして歩かせています。こちらが動かなければ動きません・・。

答え;自分の行きたい方向に自分で行く、つまり「自立」という本来の意味での自立した歩行かどうか考えてください。自走式の車いすに座ってもらい自分の行きたい方向に行くという方が「自立」していると思いませんか?

 

質問;毎食完食させることを目指して頑張っています(介護者の発言)

答え;技術(食べさせるという)はすばらしいと思います。しかし本来の介護の観点からすると被介護者の体調を見ながら調子が悪そうなときには減らすなり止めるということが必要な時があります。そういう目(被介護者の視点に立った)の方が大切かなと思います。

ついつい「自分でやってしまった方が早いから」と、なんでもかんでもやってあげてしまうことってありますよね。やられる方は100%受け身となり、そのうち自分でやらなくなります。「してあげたい」という気持ちができる介護者には多いと思いますが、やることによってかえって被介護者の能力を削いでしまうという現実もあります。係わり具合が難しい。できないことをそっと支え、できることをじっと見守る、これができればよいかなと思います。

 

血圧について;原因か結果か?

2017年05月07日

質問;頭が痛くて血圧を測ったら200もあります。ほかに症状はありません。頭が痛いのは血圧が高いせいですか?

答え;いいえ。ほとんどの場合は 頭が痛くなり⇒自律神経が興奮し⇒血圧が上昇する という具合です。

 

質問血圧を測ると1回目は高くて何回か測ると徐々に下がります。

答え;はい。それは正常の反応です。一番低い血圧がその時のあなたの血圧です。

 

質問;朝 起きて、トイレに行って、慌ただしく身支度して、血圧測ったら160もありました。心配です。

答え; 社会人の朝は大変です。社会という戦場に出かけていくために交感神経を興奮させていきます。その結果血圧が上がります。夜帰ってきて寝る前に、つまりリラックスした状態で血圧が下がっていれば安心です。1日中緊張状態にあること⇒血圧が上がったままの状態が将来の病気を引き起こします。

 

質問;血圧が高いと脳卒中や心筋梗塞になり易いといわれますが。

答え;血圧が高い状態のまま何年も過ぎると動脈硬化が進み上記の病気になる可能性があるということです。

 

ストレス⇒自律神経の興奮状態の持続⇒血圧上昇の持続⇒病気

 

デイサービスなどの介護施設で、利用者の血圧を測り、少しでも高いと「危ない」と騒ぎ、入浴もさせないそうだ。バスでの移動や様々なストレスなどで血圧が上がることは当然予測される。リラックスした環境にさせてあげれば下がることが多いのに・・と思ってしまうが慌ただしく忙しい介護施設での業務で「ゆっくりさせたら」などと言うと叱られそうです。血圧が高いと脅かされ当院に受診し、私が測って「大丈夫」といっても「風呂に入れないので降圧薬を下さい」と言う人が後を絶ちません・・・。